▼限定求人85%なのはリクナビNEXTだけ▼
リクナビNEXT
>>【無料】今すぐ登録はコチラ

リクナビNEXT~君の魅力再発見!~グッドポイント診断 ~転職のそばに~

「最近なんか、無理しているなぁ。自分らしく笑えてないなあ。」なんて思う時、ありませんか?
今いる場所から一歩踏み出してみると、もっと自分に合った別の世界が見えてくるかもしれません。
なんだか自分らしく過ごせる、なんか楽しいねって笑える、リクナビNEXTでは、そんな毎日が実現できるよう、あなたを応援し続けます。

君の魅力再発見!~グッドポイント診断は、自分では気づけないあなたの強み、あなたの魅力を発見してくれるツールです。
簡単な質問にポチポチ答えていくだけで、隠れていた「本当の自分」が見えてきます。
今まで隠れていたあなたならではの強みや魅力、これからはドンドン活かしていきましょう!
▼転職で役立つグッドポイント診断▼
グッドポイント
>>会員登録して診断スタート【無料】
▼リクナビNEXT関連動画▼

岐阜県不破郡出身の方で、50代 転職についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

FXについて。 FXに興味があり、ネットで調べられる程度の知識は身につ…

FXについて。 FXに興味があり、ネットで調べられる程度の知識は身につけたつもりなんですが、何点か疑問があるので、回答お願いします。

初心者ですので、できればオブラートに包んでいただいた回答お願いします。笑



1、楽天のFX口座なんですが、投資経験無し、年収300万未満(現在転職中のため)、と回答して楽天口座を作ってしまったためだと思うんですけど、FX口座が作れなくなってしまったのですが、他の証券会社で口座を作る場合でも上記の条件だと作れないのでしょうか?ネットで検索した所、投資経験ありと回答すれば、審査は通ると書いてありましたが、本当でしょうか?



2、デモトレードをやってみたのですが、例えば、レバレッジ1倍のアメリカドルでレートが108.400の所で売り、108.350の所で決済した場合、差額分が勝ちになると思うのですが、bitを押してから決済するまでに、ほんの数秒しかたっていないのですが、実際の取引でもこんな細かいレートの取引もできるのでしょうか?



3、調べた所、取引のやり方には大まかに4種類あるかと思うのですが(2のやり方だとスキャルピングというやり方になるかと思います。)、初心者が実際に取引する場合はどのようなやり方で始めたらいいですか?



4、スワップポイントの意味が理解できないのですが、どのような物でどのようなメリット、デメリットがありますか?



5、現在の所までで、売買のやり方、レバレッジの意味、税金で20%引かれる、までは把握できていますが、後は何を勉強すればいいですか?また、どこを注意すればいいですか?



長々とすいませんが、勉強させてもらえると幸いです。

口座開設できた際には、元金50万円ぐらいからスタートするつもりです。

よろしくお願いします。

店頭取引、インターバンク、レート、金融商品取引法、差金決済、スキャルピング、レバレッジについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も同じようなことを思ったことがあります。

私が転職したとき、利用したのはハローワークとリクナビNEXTでした。
他の転職サイトよりも圧倒的に掲載件数が多く、情報量も多いので、マッチングする転職先を見つけ出す確率が高くなるということです。
一週間で1,000件を超える新着や更新求人があるということも珍しくはなく更新日も週に2回あるので活発なサイトといえます。
また、転職に関してのアドバス関連のページがとても多いので、転職活動中もたいへん助かりました。

初めての転職だとどうしても何から始めたらいいのかわからなかったり、不安に感じてしまうことがたくさんありますが、そのような人に向けての情報もしっかりと提供してくれています。転職ノウハウ系の読み物が充実しているので、非常に参考になりますしわかりやすいです。

あなたも転職で成功したいのなら、ぜひ登録すべきなサイトといえるでしょう。

管理人はこちらのサイトもよく利用しています
>>楽天で探す

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この50代 転職に関する質問に対する回答

FXの口座申込したら審査に落ちました…なんで?

金融資産1000万にしたし、30代だし

投資経験なし 無職じゃないんだけど







前にも同じような質問あったので参考程度にどうぞ。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

転職を決めるまでは、誰にもなにも言わず、水面下で活動することをおすすめします。職務経歴書(Word)と履歴書(Excel)を作りそれをリクナビNEXTの登録情報に登録していきます。
応募して、相手が会いたいと言ってきたら、面接の日取りを決めます。データで職務経歴書と履歴書を送付します。面接当日は、履歴書に証明写真を貼って持参します。働く条件があっていれば、積極的に面接を受け、最終的に希望通りの会社に転職できました。

さあ、次はあなたの番です!


ほかにも、楽天市場でも役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

転職に詳しい管理人からの補足コメント




◆FXで儲けることに期待してはいけません。

FXは金融商品取引法に定められた合法のみ行為です、会員の損した分が業者の売上・利益の全てになるので、「お金を払って遊ばせてもらうゲーム・娯楽・合法賭博」です。株とは違って投資・資産運用・金儲けの手段にはならず、パチンコと同じ「楽しむ適度に楽しむ遊び」です。のめり込み・依存症に注意が必要です。業者は法律に従った取引を行い、「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。誰もが気づかないFXの特徴。



(1)取引は会員と業者だけで完結しカバー銀行・同業他社・インターバンク・他会員など第3者は関係しません。NDDとかマリーなどあり得ない。

(2)会員の負けた分が業者の売上・利益の全てになり、スプレッドの差が業者の利益になるというのは株などの仲介取引と混同した間違った説明です。

(3)会員向けのレートは各業者が独自に(勝手に)作成しています。マスコミなどで報道されるレートと同じではない。これを「レート操作」と非難する人もいるでしょう。

(4)会員個別に違ったレートを配信することもある。買うと下がり売ると上がるとか、買った人向け下に長いヒゲ、売った人向け上に長いヒゲ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに統一など。

(5)実際には為替(通貨)の売買はやらない。買ったつもり、売ったつもりで、決済取引の後に差額だけをやり取りする取引。会員は1ドルも1ユーロも受け取らないし、業者は外国通貨を用意する必要はないので、会員以外とは取引しない。

これらの事柄は金融商品取引法に従った取引であり、業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。法律は嘘をつかない、業者も「契約締結前交付書面」では嘘をついていないはずです。マスコミ・評論家・解説本の著者・ベテラン・初心者・巷の噂話・欲に目が眩んだ勝手な思い込み、誰の説明よりもこれは正しいはずです。まずFXを規定している金融商品取引法から。



FXを規定している法律。

金融商品取引法第二条22 この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引をいう。

一 売買の当事者が将来の一定の時期において金融商品及びその対価の授受を約する売買であつて、当該売買の目的となつている金融商品の売戻し又は買戻しその他政令で定める行為をしたときは差金の授受によつて決済することができる取引 。

●この法律によれば、FXとは客と業者が一対一で取引条件を決める店頭取引(株は取引所取引)なので、ある瞬間に100円で、100円3銭で、100円5銭で買う人がいるかも知れない。業者が会員全てに同一のレートを配信しない場合もある、ということ。買うと下がり、売ると上がる、時には買った人向けレートが下に長いひげ、売った人向けに上に長いひげ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに同一レートということも。

デリバティブ取引(株は直物取引)とは為替その物の取引ではなくそこから派生する取引、つまり為替の売買はしない。外国通貨の仲介取引は行わない。金融商品市場及び外国金融商品市場によらない取引なので、インターバンク取引、東京金融商品取引所での引は行わない。NDDなどあり得ない。

差金決済(株は受渡決済)とは為替の受け渡しも、その代金の受け渡しも行わないのだから、実際には為替の売買は行わないで、売ったつもり買ったつもりで、決済取引の後に差額のやり取りを行う。会員は1ドル・1ユーロも受け取らないし、業者はカバー銀行、同業他社、インターバンクと外国通貨の取引は行わないし、外国通貨を用意する必要もない。従ってスプレッドの差が業者の利益になるということはない。

●この法律で決められている取引とは、客からの注文があると、その注文を呑み込んで、インターバンクや東京金融商品取引所などの金融商品市場やカバー銀行や同業他社・他の会員に取り次ぐことなく、業者自身が取引相手となって取引を成立させる取引、 商品先物取引法で禁止されている「のみ行為」です。つまり、FXとは金融商品取引法に規定された「合法のみ行為」なのです。因みにインターバンク取引(銀行間取引)は100万ドル単位で、FXは株と違って比例配分制度はないので小口を集めての取引きはできず、差金決済ではなく直物取引・受渡決済・RTGS です。取引をしようとすれば業者は多額の資金(多国通貨)を必要とします。

●のみ行為を禁じている法律 商品先物取引法 (のみ行為の禁止)第二百十二条 商品先物取引業者は、商品市場における取引等の委託又は外国商品市場取引等の委託を受けたときは、その委託に係る商品市場における取引等をしないで、自己がその相手方となつて取引を成立させてはならない。

●「合法のみ行為」だからこそできること。 (1)レバレッジ。(2)差金決済。(3)市場が眠り込んだ深夜にも取引可能。(4)業者は取引に関わる資金負担が少ない。取引代金X多国通貨。(5)業者は自由にレート操作でき、会員個別に違ったレートを配信できる。(6)会員は少ない資金で取引できる。(7)会員の損した分すべてが業者の売上・利益になる。株のように実際に取引する(受渡決済)ならばこれらのことはできません。現物株取引で差金決済は禁止。



●FX業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果しています。

(1)金融商品取引法第二条22に基づく取引であること==合法のみ行為であること。

(2)相対取引であること==?店頭取引と同じ、会員と業者が一対一で取引条件を決める取引なので、会員個別に違ったレートを配信することがある。買うと下がり売ると上がるとか、ポジション別による長い髭など。?業者は会員とだけ取引をし、カバー銀行、インターバンク、同業他社、他会員などとは取引しない。NDDやマリーなどあり得ない。?会員と業者が一対一で取引をし、第3者は関与しない。会員と業者の利害が相対する取引なので会員の損した分が業者の売上利益の全て。多くの会員が儲け始めると業者は赤字倒産。それを防ぐために会員全てのポジションを把握している業者のコンピュータが随時独自のレートを配信し、客の早めの損切りを誘い、損をさせ、適度な業者の利益を確保する。

(3)差金決済であること==原商品(為替・通貨)の受け渡たしも、その代金の受け渡たしも行わない。実際には売買しないで、売ったつもり、買ったつもりで決済取引の後、差額をやり取りする。会員は1ドルも、1ユーロも受け取らない。業者は外国通貨を用意する必要がない。

(4)スプレッドの差があること==これによって勝ち難いとは説明しているが、この差は手数料ではない。スプレッドの差を乗り越えて利益を上げれば、その分業者の赤字になる。

(5)会員向けのレートはカバー銀行の値を参考に独自に作成している。外部とは取引しないので自由にレートを作成することができる。これらの説明が不十分だと、金融商品取引法第四十条の二に反するので、業者はちゃんと説明しているはずです。



FXは店頭取引・デリバティブ取引・差金決済・相対取引、株は取引所取引・直物取引・受渡決済・仲介取引です。これらの言葉をネットでキーワード検索すると、法律問題・金融経済学が苦手の人でも「9割の人が負けている」とまで言われているFXの本当の仕組みが少しずつ分かってくると思います。



FXの会員ならば誰もが一度は読んで、理解し、納得したはずの「契約締結前交付書面」から引用します。会員向けのレートは各業者が独自(勝手)に作成しています。レートが違うのでカバー銀行・同業他社などとの取引は出来ません。店頭取引・相対取引なので特定の会員を狙い撃ちしてストップ狩りを仕掛けたとしても、法律違反とはならないでしょう。

●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)

●当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。お客様は当社に対し、外国為替市場の外国為替レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外のレートを主張できないことをあらかじめ承諾するものとします。(ヒロセ通商)

●FXブロードネットはお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。(FXブロードネット)

●当社がお客様に提示するレートは、当社の取引提携金融機関から配信されたレートをもとに、インターバンク市場の実勢レート等を考慮した当社のレートです。当社がお客様に提示したレートは、原則として約定拒否することなく約定いたします。(マネーパートナーズ)



FXは金融商品取引法に定められた「合法のみ行為」です。投資・資産運用・金儲けの手段にはなりません。知恵袋のベストアンサーやカバー取引のことなど、詳しくは下記リンク先を読んでください。





◆あんたの場合裁量だと思うけど



FXやる場合、「負けてもいいお金」でやった



方がいい



50万円ならその金がなくなっても



十分に生活できるようにしないと





FXは儲けようとしちゃだめだ



あと、デモトレードとリアル本番は



全く心理的負担がちがう





デモで勝ててもリアルはその10分の1すら



も勝てないと覚悟しておいた方がいい





FXで負けないためには



メンタル マインド 資金管理 戦略



が大切になる





◆FXで儲けることに期待してはいけません。

FXは金融商品取引法に定められた合法のみ行為です、会員の損した分が業者の売上・利益の全てになるので、「お金を払って遊ばせてもらうゲーム・娯楽・合法賭博」です。株とは違って投資・資産運用・金儲けの手段にはならず、パチンコと同じ「楽しむ適度に楽しむ遊び」です。のめり込み・依存症に注意が必要です。業者は法律に従った取引を行い、「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。誰もが気づかないFXの特徴。



(1)取引は会員と業者だけで完結しカバー銀行・同業他社・インターバンク・他会員など第3者は関係しません。NDDとかマリーなどあり得ない。

(2)会員の負けた分が業者の売上・利益の全てになり、スプレッドの差が業者の利益になるというのは株などの仲介取引と混同した間違った説明です。

(3)会員向けのレートは各業者が独自に(勝手に)作成しています。マスコミなどで報道されるレートと同じではない。これを「レート操作」と非難する人もいるでしょう。

(4)会員個別に違ったレートを配信することもある。買うと下がり売ると上がるとか、買った人向け下に長いヒゲ、売った人向け上に長いヒゲ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに統一など。

(5)実際には為替(通貨)の売買はやらない。買ったつもり、売ったつもりで、決済取引の後に差額だけをやり取りする取引。会員は1ドルも1ユーロも受け取らないし、業者は外国通貨を用意する必要はないので、会員以外とは取引しない。

これらの事柄は金融商品取引法に従った取引であり、業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。法律は嘘をつかない、業者も「契約締結前交付書面」では嘘をついていないはずです。マスコミ・評論家・解説本の著者・ベテラン・初心者・巷の噂話・欲に目が眩んだ勝手な思い込み、誰の説明よりもこれは正しいはずです。まずFXを規定している金融商品取引法から。



FXを規定している法律。

金融商品取引法第二条22 この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引をいう。

一 売買の当事者が将来の一定の時期において金融商品及びその対価の授受を約する売買であつて、当該売買の目的となつている金融商品の売戻し又は買戻しその他政令で定める行為をしたときは差金の授受によつて決済することができる取引 。

●この法律によれば、FXとは客と業者が一対一で取引条件を決める店頭取引(株は取引所取引)なので、ある瞬間に100円で、100円3銭で、100円5銭で買う人がいるかも知れない。業者が会員全てに同一のレートを配信しない場合もある、ということ。買うと下がり、売ると上がる、時には買った人向けレートが下に長いひげ、売った人向けに上に長いひげ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに同一レートということも。

デリバティブ取引(株は直物取引)とは為替その物の取引ではなくそこから派生する取引、つまり為替の売買はしない。外国通貨の仲介取引は行わない。金融商品市場及び外国金融商品市場によらない取引なので、インターバンク取引、東京金融商品取引所での引は行わない。NDDなどあり得ない。

差金決済(株は受渡決済)とは為替の受け渡しも、その代金の受け渡しも行わないのだから、実際には為替の売買は行わないで、売ったつもり買ったつもりで、決済取引の後に差額のやり取りを行う。会員は1ドル・1ユーロも受け取らないし、業者はカバー銀行、同業他社、インターバンクと外国通貨の取引は行わないし、外国通貨を用意する必要もない。従ってスプレッドの差が業者の利益になるということはない。

●この法律で決められている取引とは、客からの注文があると、その注文を呑み込んで、インターバンクや東京金融商品取引所などの金融商品市場やカバー銀行や同業他社・他の会員に取り次ぐことなく、業者自身が取引相手となって取引を成立させる取引、 商品先物取引法で禁止されている「のみ行為」です。つまり、FXとは金融商品取引法に規定された「合法のみ行為」なのです。因みにインターバンク取引(銀行間取引)は100万ドル単位で、FXは株と違って比例配分制度はないので小口を集めての取引きはできず、差金決済ではなく直物取引・受渡決済・RTGS です。取引をしようとすれば業者は多額の資金(多国通貨)を必要とします。

●のみ行為を禁じている法律 商品先物取引法 (のみ行為の禁止)第二百十二条 商品先物取引業者は、商品市場における取引等の委託又は外国商品市場取引等の委託を受けたときは、その委託に係る商品市場における取引等をしないで、自己がその相手方となつて取引を成立させてはならない。

●「合法のみ行為」だからこそできること。 (1)レバレッジ。(2)差金決済。(3)市場が眠り込んだ深夜にも取引可能。(4)業者は取引に関わる資金負担が少ない。取引代金X多国通貨。(5)業者は自由にレート操作でき、会員個別に違ったレートを配信できる。(6)会員は少ない資金で取引できる。(7)会員の損した分すべてが業者の売上・利益になる。株のように実際に取引する(受渡決済)ならばこれらのことはできません。現物株取引で差金決済は禁止。



●FX業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果しています。

(1)金融商品取引法第二条22に基づく取引であること==合法のみ行為であること。

(2)相対取引であること==?店頭取引と同じ、会員と業者が一対一で取引条件を決める取引なので、会員個別に違ったレートを配信することがある。買うと下がり売ると上がるとか、ポジション別による長い髭など。?業者は会員とだけ取引をし、カバー銀行、インターバンク、同業他社、他会員などとは取引しない。NDDやマリーなどあり得ない。?会員と業者が一対一で取引をし、第3者は関与しない。会員と業者の利害が相対する取引なので会員の損した分が業者の売上利益の全て。多くの会員が儲け始めると業者は赤字倒産。それを防ぐために会員全てのポジションを把握している業者のコンピュータが随時独自のレートを配信し、客の早めの損切りを誘い、損をさせ、適度な業者の利益を確保する。

(3)差金決済であること==原商品(為替・通貨)の受け渡たしも、その代金の受け渡たしも行わない。実際には売買しないで、売ったつもり、買ったつもりで決済取引の後、差額をやり取りする。会員は1ドルも、1ユーロも受け取らない。業者は外国通貨を用意する必要がない。

(4)スプレッドの差があること==これによって勝ち難いとは説明しているが、この差は手数料ではない。スプレッドの差を乗り越えて利益を上げれば、その分業者の赤字になる。

(5)会員向けのレートはカバー銀行の値を参考に独自に作成している。外部とは取引しないので自由にレートを作成することができる。これらの説明が不十分だと、金融商品取引法第四十条の二に反するので、業者はちゃんと説明しているはずです。



FXは店頭取引・デリバティブ取引・差金決済・相対取引、株は取引所取引・直物取引・受渡決済・仲介取引です。これらの言葉をネットでキーワード検索すると、法律問題・金融経済学が苦手の人でも「9割の人が負けている」とまで言われているFXの本当の仕組みが少しずつ分かってくると思います。



FXの会員ならば誰もが一度は読んで、理解し、納得したはずの「契約締結前交付書面」から引用します。会員向けのレートは各業者が独自(勝手)に作成しています。レートが違うのでカバー銀行・同業他社などとの取引は出来ません。店頭取引・相対取引なので特定の会員を狙い撃ちしてストップ狩りを仕掛けたとしても、法律違反とはならないでしょう。

●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)

●当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。お客様は当社に対し、外国為替市場の外国為替レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外のレートを主張できないことをあらかじめ承諾するものとします。(ヒロセ通商)

●FXブロードネットはお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。(FXブロードネット)

●当社がお客様に提示するレートは、当社の取引提携金融機関から配信されたレートをもとに、インターバンク市場の実勢レート等を考慮した当社のレートです。当社がお客様に提示したレートは、原則として約定拒否することなく約定いたします。(マネーパートナーズ)



FXは金融商品取引法に定められた「合法のみ行為」です。投資・資産運用・金儲けの手段にはなりません。知恵袋のベストアンサーやカバー取引のことなど、詳しくは下記リンク先を読んでください。





◆1 私は二十歳の学生です。未成年では口座が作れず、二十歳で年収100万未満とほぼ最悪の条件(笑)ですが、DMMとGMOは問題なく口座が作れました。会社によって基準が全然違うと思います。



2 スキャルピングですね。会社によってOKなところと完全に禁止のところがあります。私はDMMでスキャルピングメインで秒スキャもたまにしますが少額なせいかもしれませんが、特に問題は起こっていません。



3 最初からスイングトレードとなると1回の取引で数ヶ月かかるので経験値は稼げないと思います。スキャルピングで取引の回数を重ねる方がいいと思います。



4 スキャルピングだとほぼ関係ないですが、ポジションを持って日をまたいだときに通貨間の金利差で利益が発生します。例えばドル円の買いポジョンを日をまたいで持っていた場合、ドルは円より金利が高いのでスワップポイントがもらえます。逆に売りポジションを持ったままでいるとスワップポイントを払わなければなりません。

新興国通貨は金利が高いので、金利が低い通貨(円やユーロ)とのペアで買いポジションを持っているとより大きなスワップポイントがもらえます。しかしトルコリラなど最近大暴落していて危険なのでおすすめできません。



5は実際にトレードして試行錯誤していくことで足りないところが分かるようになるのではないでしょうか。





◆FXで儲けることに期待してはいけません。

FXは金融商品取引法に定められた合法のみ行為です、会員の損した分が業者の売上・利益の全てになるので、「お金を払って遊ばせてもらうゲーム・娯楽・合法賭博」です。株とは違って投資・資産運用・金儲けの手段にはならず、パチンコと同じ「楽しむ適度に楽しむ遊び」です。のめり込み・依存症に注意が必要です。業者は法律に従った取引を行い、「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。誰もが気づかないFXの特徴。



(1)取引は会員と業者だけで完結しカバー銀行・同業他社・インターバンク・他会員など第3者は関係しません。NDDとかマリーなどあり得ない。

(2)会員の負けた分が業者の売上・利益の全てになり、スプレッドの差が業者の利益になるというのは株などの仲介取引と混同した間違った説明です。

(3)会員向けのレートは各業者が独自に(勝手に)作成しています。マスコミなどで報道されるレートと同じではない。これを「レート操作」と非難する人もいるでしょう。

(4)会員個別に違ったレートを配信することもある。買うと下がり売ると上がるとか、買った人向け下に長いヒゲ、売った人向け上に長いヒゲ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに統一など。

(5)実際には為替(通貨)の売買はやらない。買ったつもり、売ったつもりで、決済取引の後に差額だけをやり取りする取引。会員は1ドルも1ユーロも受け取らないし、業者は外国通貨を用意する必要はないので、会員以外とは取引しない。

これらの事柄は金融商品取引法に従った取引であり、業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。法律は嘘をつかない、業者も「契約締結前交付書面」では嘘をついていないはずです。マスコミ・評論家・解説本の著者・ベテラン・初心者・巷の噂話・欲に目が眩んだ勝手な思い込み、誰の説明よりもこれは正しいはずです。まずFXを規定している金融商品取引法から。



FXを規定している法律。

金融商品取引法第二条22 この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引をいう。

一 売買の当事者が将来の一定の時期において金融商品及びその対価の授受を約する売買であつて、当該売買の目的となつている金融商品の売戻し又は買戻しその他政令で定める行為をしたときは差金の授受によつて決済することができる取引 。

●この法律によれば、FXとは客と業者が一対一で取引条件を決める店頭取引(株は取引所取引)なので、ある瞬間に100円で、100円3銭で、100円5銭で買う人がいるかも知れない。業者が会員全てに同一のレートを配信しない場合もある、ということ。買うと下がり、売ると上がる、時には買った人向けレートが下に長いひげ、売った人向けに上に長いひげ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに同一レートということも。

デリバティブ取引(株は直物取引)とは為替その物の取引ではなくそこから派生する取引、つまり為替の売買はしない。外国通貨の仲介取引は行わない。金融商品市場及び外国金融商品市場によらない取引なので、インターバンク取引、東京金融商品取引所での引は行わない。NDDなどあり得ない。

差金決済(株は受渡決済)とは為替の受け渡しも、その代金の受け渡しも行わないのだから、実際には為替の売買は行わないで、売ったつもり買ったつもりで、決済取引の後に差額のやり取りを行う。会員は1ドル・1ユーロも受け取らないし、業者はカバー銀行、同業他社、インターバンクと外国通貨の取引は行わないし、外国通貨を用意する必要もない。従ってスプレッドの差が業者の利益になるということはない。

●この法律で決められている取引とは、客からの注文があると、その注文を呑み込んで、インターバンクや東京金融商品取引所などの金融商品市場やカバー銀行や同業他社・他の会員に取り次ぐことなく、業者自身が取引相手となって取引を成立させる取引、 商品先物取引法で禁止されている「のみ行為」です。つまり、FXとは金融商品取引法に規定された「合法のみ行為」なのです。因みにインターバンク取引(銀行間取引)は100万ドル単位で、FXは株と違って比例配分制度はないので小口を集めての取引きはできず、差金決済ではなく直物取引・受渡決済・RTGS です。取引をしようとすれば業者は多額の資金(多国通貨)を必要とします。

●のみ行為を禁じている法律 商品先物取引法 (のみ行為の禁止)第二百十二条 商品先物取引業者は、商品市場における取引等の委託又は外国商品市場取引等の委託を受けたときは、その委託に係る商品市場における取引等をしないで、自己がその相手方となつて取引を成立させてはならない。

●「合法のみ行為」だからこそできること。 (1)レバレッジ。(2)差金決済。(3)市場が眠り込んだ深夜にも取引可能。(4)業者は取引に関わる資金負担が少ない。取引代金X多国通貨。(5)業者は自由にレート操作でき、会員個別に違ったレートを配信できる。(6)会員は少ない資金で取引できる。(7)会員の損した分すべてが業者の売上・利益になる。株のように実際に取引する(受渡決済)ならばこれらのことはできません。現物株取引で差金決済は禁止。



●FX業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果しています。

(1)金融商品取引法第二条22に基づく取引であること==合法のみ行為であること。

(2)相対取引であること==?店頭取引と同じ、会員と業者が一対一で取引条件を決める取引なので、会員個別に違ったレートを配信することがある。買うと下がり売ると上がるとか、ポジション別による長い髭など。?業者は会員とだけ取引をし、カバー銀行、インターバンク、同業他社、他会員などとは取引しない。NDDやマリーなどあり得ない。?会員と業者が一対一で取引をし、第3者は関与しない。会員と業者の利害が相対する取引なので会員の損した分が業者の売上利益の全て。多くの会員が儲け始めると業者は赤字倒産。それを防ぐために会員全てのポジションを把握している業者のコンピュータが随時独自のレートを配信し、客の早めの損切りを誘い、損をさせ、適度な業者の利益を確保する。

(3)差金決済であること==原商品(為替・通貨)の受け渡たしも、その代金の受け渡たしも行わない。実際には売買しないで、売ったつもり、買ったつもりで決済取引の後、差額をやり取りする。会員は1ドルも、1ユーロも受け取らない。業者は外国通貨を用意する必要がない。

(4)スプレッドの差があること==これによって勝ち難いとは説明しているが、この差は手数料ではない。スプレッドの差を乗り越えて利益を上げれば、その分業者の赤字になる。

(5)会員向けのレートはカバー銀行の値を参考に独自に作成している。外部とは取引しないので自由にレートを作成することができる。これらの説明が不十分だと、金融商品取引法第四十条の二に反するので、業者はちゃんと説明しているはずです。



FXは店頭取引・デリバティブ取引・差金決済・相対取引、株は取引所取引・直物取引・受渡決済・仲介取引です。これらの言葉をネットでキーワード検索すると、法律問題・金融経済学が苦手の人でも「9割の人が負けている」とまで言われているFXの本当の仕組みが少しずつ分かってくると思います。



FXの会員ならば誰もが一度は読んで、理解し、納得したはずの「契約締結前交付書面」から引用します。会員向けのレートは各業者が独自(勝手)に作成しています。レートが違うのでカバー銀行・同業他社などとの取引は出来ません。店頭取引・相対取引なので特定の会員を狙い撃ちしてストップ狩りを仕掛けたとしても、法律違反とはならないでしょう。

●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)

●当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。お客様は当社に対し、外国為替市場の外国為替レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外のレートを主張できないことをあらかじめ承諾するものとします。(ヒロセ通商)

●FXブロードネットはお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。(FXブロードネット)

●当社がお客様に提示するレートは、当社の取引提携金融機関から配信されたレートをもとに、インターバンク市場の実勢レート等を考慮した当社のレートです。当社がお客様に提示したレートは、原則として約定拒否することなく約定いたします。(マネーパートナーズ)



FXは金融商品取引法に定められた「合法のみ行為」です。投資・資産運用・金儲けの手段にはなりません。知恵袋のベストアンサーやカバー取引のことなど、詳しくは下記リンク先を読んでください。

リクナビNEXTを運営している株式会社リクルートは、他にもさまざまな求人サイトを運営しています。そのため、転職サイトの中でも転職成功実績がNo.1を誇る「リクルートエージェント」に同時登録でき、2つのルートで同時に転職活動ができるという大きなメリットがあります。

リクルートエージェントは累計約30万人の転職を実現し、求人情報は9万件近くもある転職サイトです。より良い求人を見つけるためにも、両方のサービスを活用すると良いでしょう。

こちらのサイトも参考にしてください。

>>リクナビNEXT
>>リクルートエージェント/a>
>>転職ならDODA(デューダ)
>>マイナビエージェント
>>楽天市場


キャリアを重要視する女性が一昔前より増えたとのことですが…。


現時点で派遣社員として勤務している方や、明日から派遣社員として仕事に就こうという状態の方も、できるだけ早く不安のない正社員として働きたいと思っているのではないでしょうか?働く場所は派遣会社が斡旋してくれたところになりますが、雇用契約自体については派遣会社と取り交わすことになりますから、そこで理不尽な扱いを受けた場合は、派遣会社に改善を要求することになるのです。「岐阜県 不破郡の転職したい」と心底悩んだことがある方は、たくさんいるのではないでしょうか?けれど、「実際的に岐阜県 不破郡の転職に踏み切った人は少数派になる」というのが事実でしょう。看護師の岐阜県 不破郡の転職について言いますと、殊更需要のある年齢は35歳前後のようです。経験値から鑑みて即戦力であり、しっかり現場の管理も可能な能力が要されているのです。派遣社員は正社員ではありませんが、各種保険に関しては派遣会社で入る事ができるので心配無用です。その他、実務経歴の無い職種に関してもトライしやすいですし、派遣社員から正社員として雇用されることもあります。

▼限定求人85%なのはリクナビNEXTだけ▼
リクナビNEXT
>>【無料】今すぐ登録はコチラ





最近私は転職を考えています。今の会社に特に不満はないのですが、自分の実力を試したいと思っていて、実力主義の保険業界への転職を考えています。

岐阜県不破郡にも優良な会社が多数あります。
いずみ総合保険もそんな素敵な会社のなかのひとつです。
不破郡周辺には、他にも優良企業がたくさんあるのでどこかでご縁があるといいですね^_^

いずみ総合保険の会社概要

企業名 いずみ総合保険
住所 〒503-2114
岐阜県不破郡垂井町府中197−8
住所読み ひらがな:ぎふけん ふわぐん たるいちょうふちゅう197−8
カタカナ:ギフケン フワグン タルイチョウフチュウ197−8
ローマ字表記:GIHUKEN HUWAGUN TARUITIYOUHUTIYUU197−8
電話 0584-22-6601
エリア 岐阜県 > 不破郡
地図
不破郡でよく検索される転職キーワード 岐阜県不破郡 リクナビnext 即応募 転職 ntt東日本 転職サイト 語学

不破郡の非公開求人を探す

>>不破郡の求人が豊富なのはリクナビNEXT(登録無料)

▼限定求人85%なのはリクナビNEXTだけ▼
リクナビNEXT
>>【無料】今すぐ登録はコチラ



リクナビネクストで保険会社に転職 > 岐阜県の企業 > 不破郡の求人 > 中高年男性の不破郡の転職活動なら、リクナビNEXTで決まり!【保険業界編】|FXについて。 FXに興味があり、ネットで調べられる程度の知識は身につ…|岐阜県の優良企業案内>>いずみ総合保険


当サイトのいずみ総合保険の情報は2017.9月現在のiタウンページのデータを基に作成しています。本文といずみ総合保険は一切関係はありません。いずみ総合保険が求人を出しているわけでありませんのでご注意ください。

30代女性の不破郡での求職活動は、リクナビネクストがおすすめです!【保険業編】/この働き方は無難だと割りきるしかないでしょうか。 転職して給与は15.../岐阜県内の素敵な会社紹介→有限会社コヤス企画
中年女性の不破郡周辺の中途採用は、転職サイト『リクナビNEXT』で適職を探そう【保険代理店編】/ブラック企業2社の短期退職は転職理由になるか? ブラック企業の明確.../岐阜県の優良会社:オフィスエガミ

関連記事一覧

30代男性の高山市周辺の未経験可の転職なら、リクナビNEXTが転職決定数ナンバーワン!【保険代理店編】|再就職について 1 年収400万 正社員 2 年収450万 契約社員 どちらにし…|岐阜県の優良企業案内:朝日生命保険相互会社高山営業所

岐阜県高山市で転職するなら >>高山市の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 岐阜県高山市出身の方で...

大学中退女性の各務原市周辺の就職は、リクナビネクストで適職を探そう【保険代理店編】/居住地、職業が変わり続けてきた彼。私は居住地、職業ともにずっと変…/岐阜県内の素敵な会社紹介:株式会社ファイナンシャルプラザ・岐阜

岐阜県各務原市で転職するなら >>各務原市の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 岐阜県各務原市出身...

中年男性の恵那市周辺の未経験可の転職なら、リクナビNEXTで適職を探そう【保険代理店編】|就活について質問です。一次選考で落ちた企業を もう一度受けるのはあ…|岐阜県の優良企業案内:有限会社リード保険企画恵那店

岐阜県恵那市で転職するなら >>恵那市の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 岐阜県恵那市出身の方で...

第2新卒男性の本巣郡周辺の求職なら、リクナビNEXTが登録無料でおすすめです。【保険業編】|仕事での悩みです、 こんな私に喝をいれてくださいm(_ _)m 26歳、歯科…|岐阜県の優良企業案内→有限会社アイル・ドット

岐阜県本巣郡で転職するなら >>本巣郡の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 岐阜県本巣郡出身の方で...

中年男性の本巣市の多職種への転職なら、リクルートの転職サイトがおすすめです!【保険業編】|最近何もかも上手くいかず悩んでます。 50代女性です。 去年、将来の…|岐阜県内の実力会社→東京海上日動火災保険株式会社代理店保険工房ハヤシ

岐阜県本巣市で転職するなら >>本巣市の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 岐阜県本巣市出身の方で...