▼限定求人85%なのはリクナビNEXTだけ▼
リクナビNEXT
>>【無料】今すぐ登録はコチラ

リクナビNEXT~君の魅力再発見!~グッドポイント診断 ~転職のそばに~

「最近なんか、無理しているなぁ。自分らしく笑えてないなあ。」なんて思う時、ありませんか?
今いる場所から一歩踏み出してみると、もっと自分に合った別の世界が見えてくるかもしれません。
なんだか自分らしく過ごせる、なんか楽しいねって笑える、リクナビNEXTでは、そんな毎日が実現できるよう、あなたを応援し続けます。

君の魅力再発見!~グッドポイント診断は、自分では気づけないあなたの強み、あなたの魅力を発見してくれるツールです。
簡単な質問にポチポチ答えていくだけで、隠れていた「本当の自分」が見えてきます。
今まで隠れていたあなたならではの強みや魅力、これからはドンドン活かしていきましょう!
▼転職で役立つグッドポイント診断▼
グッドポイント
>>会員登録して診断スタート【無料】
▼リクナビNEXT関連動画▼

沖縄県名護市出身の方で、保険会社 就職についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

マイナンバー制度で預金情報が盗まれるという人がいます これは当然の…

マイナンバー制度で預金情報が盗まれるという人がいます

これは当然の見解です



その時にも政府は賠償する意図はないようです。

過去に山本太郎氏の質問に対する政府答弁で明らかになっております。



要するに 事前に悲劇が予想されているから 逃げているわけです。



このことを知恵袋で否定した人は

役所 手続きカテゴリで

国民主権より国家主権だ と恐ろしい発言していましたが

この人は マイナンバー制度が国民のためにならないことを

理解していることになりますね?

マイナンバー制度、マイナンバー、山本太郎、政府答弁、預金封鎖、納税者番号制、国民主権についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も同じようなことを思ったことがあります。

私が転職したとき、利用したのはハローワークとリクナビNEXTでした。
他の転職サイトよりも圧倒的に掲載件数が多く、情報量も多いので、マッチングする転職先を見つけ出す確率が高くなるということです。
一週間で1,000件を超える新着や更新求人があるということも珍しくはなく更新日も週に2回あるので活発なサイトといえます。
また、転職に関してのアドバス関連のページがとても多いので、転職活動中もたいへん助かりました。

初めての転職だとどうしても何から始めたらいいのかわからなかったり、不安に感じてしまうことがたくさんありますが、そのような人に向けての情報もしっかりと提供してくれています。転職ノウハウ系の読み物が充実しているので、非常に参考になりますしわかりやすいです。

あなたも転職で成功したいのなら、ぜひ登録すべきなサイトといえるでしょう。

管理人はこちらのサイトもよく利用しています
>>楽天で探す

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この保険会社 就職に関する質問に対する回答

いずれにしても マイナンバー制度で監視国家を好むネトウヨが

無関係のマイナンバーと脱税を結び付けようとしても

全部論破できてしまいますので

ネトウヨ以外の人は以下正しい情報を知るようにしましょう。



それから資産防衛を考えましょう

結論から言うと 円建てのタンス預金は無意味です。

新円切り替えをされると 旧日本銀行券は持ち出さないと無効化される可能性が高いからです。

1946年の預金封鎖では 旧券と新券の交換期限を2週間と定め、それまでに交換しないと旧券は紙屑になってしまいました。

今後 マイナンバー制度に伴う預金封鎖で同じことをするとなれば日本銀行券のタンス預金は役に立たないと思います

だからするなら日本政府の力で価値を落とせない 外貨や貴金属などです。

但し、これも200万円以上の売買では犯罪収益移転防止法(貴金属業者などはこの金額を超えた売買は報告義務と7年間記録保管義務があります)で捕捉される恐れがあるので、それ以下の金額で分散購入する必要があります。念には念を入れるなら 購入したものは7年以上売却しないことですね。記録が消えたら売却しても出所は国は掴めませんし もに国が預金封鎖逃れを「脱税」と決めつける暴挙に出た場合の時効対策にもなるからです。

自宅に家宅捜索はあり得ません。

国税庁の職員は6万人しかいませんので 5000万世帯を超える家にも立ち入り検査もできませんし、国税徴収法に基づく裁判所の令状発行能力も追いつきませんから。



それにしても

知恵袋で「正しい情報を共有する」理念に反して

このことを隠そうとしているのがネトウヨですね。



●日本の場合小泉政権時代の2001年に預金保険法や銀行法が改正されているため預金封鎖は金融再生委員会や国会議事堂を経る必要もなく、首相官邸で首相が決断したら(正確には財務大臣や日銀総裁など約5名で金融危機対応会議を開くことになりますが、事実上議長の首相の独裁です)事実上その時点で発生確率は100%になります。首相と意思を共有しているわけでもなく政治権力のない人間が知恵袋で預金封鎖を否定しても無意味です。

しかるに否定しようとするのは「預金封鎖の可能性を自覚しながらそれを肯定し、それまで国民はだまされていればよいと考えている隠蔽目的」でしかありません。



●ネトウヨが一番知られたくない事

勝手に「マイナンバーと預金封鎖が関係ない」と書く人がいます。

この人って「マイナンバーと預金封鎖が関係ある」真実を知られるのが怖いのでしょうね。



実際には 今の日本ではマイナンバーがないと預金封鎖は絶対に不可能です。



マイナンバー制度の目的は個人資産の収奪と腐りきった利権のためです。

1996年〜1997年に計画が始まっていることです。









銀行口座や証券口座など金融機関に保管している国民の資産を把握することです。

今までも 上記で説明した犯罪収益移転防止法で「名寄せ」は行われていますが

今のシステムではその口座が 日本人のものか 外国人のものか 個人か法人かは

手作業でないと確認できません。

それをマイナンバーでやるということですね。



ちなみに1946年の預金封鎖の場合は 当時大蔵官僚だった福田赳夫(1989年2月8日の日経産業新聞に本人の談話として掲載されています)などが、GHQや吉田茂に呼び出しを食らって 特定の政府要人や外国人の資産を没収対象から外すように指令を受けています。当時はそれまで戦争で国交断絶状態であり、外国人の資産など日本の銀行にほとんどなかったため手作業で間に合ったものの今はそうではないから預金封鎖や新円切り替えをするときに国民総背番号制が必要だって話なんです。 マイナンバーがないから福田赳夫の談話の時代は預金封鎖はできなかったんですよ

それが1997年から当時の大蔵省が預金封鎖のためには国民総背番号制が必要であると結論つけております。



2018年からマイナンバーと銀行口座の任意登録が始まりましたが

(今法制化されていないとはいえ) 2021年から強制にすることを目指しています。これこそが真の目的です。



この口座とマイナンバーの紐付けは財務省の観点で言えば「今まで捕捉できなかった口座資産を捕捉する」と言う意味ではなく「既に捕捉している口座資産を法人、個人、日本人、外国人を一発で区別するようににして将来国の借金を解消する際に銀行預金の一部没収(預金封鎖)を行うときに外国人を除外して国際的なトラブルに発展するのを防止する」と言う意味なんですよ。



もし外国人の資産を奪ってしまったら 国際的な非難を浴びます。

しかも 今の日本で国債発行残高が膨れ上がっているのが

様々な利権、天下りや渡りが一因を為しているとすればなおさらのことです。



今の日本では官僚は退官をすれば再就職先が保障されています。

つまりキャリア官僚などが、退官(退職)したあとで、特殊法人(実体のないペーパー会社のようなもの)に天下りしてそこにたくさんの補助金として税金が流れています。彼らは出勤はするものの仕事をせず、お茶飲んで新聞読んで将棋を指して一日を過ごし、報酬と退職金で1人当たり数億の税金を貪っていると言われています。このような人間が二万五千人もいるのです。また報酬や退職金以外にも事業をやっている「ふり」をするために採算の取れない税金の無駄使いをしていると言われます。

「マイナンバー」と「利権」で検索してみてください

これだけでも 数兆円の税金が無駄使いされていることが一目瞭然です

更に2025年までに30兆円の予算をマイナンバーで分捕ることが内定している。



マイナンバーにも税金の無駄は数百兆円規模で発生しています。

こんな悪しき慣習は日本独自のものであり、こんなもののために 外国人の資産が没収されるとなると海外の圧力や批判でこのシステム慣習が潰されます。

そのためには 没収する預金は 日本人で個人限定のものにしなけばならない

これは 1997年の時点で 官僚が結論を出していますからね。

だからマイナンバーなんですよ。



知恵袋でも

このような現実を否定する人は

天下りや利権など日本の悪しき慣習を批判せずに

「マイナンバーのシステム利権屋」を公言した上で 税金の無駄使いを容認して

消費税の増税などに賛成したり マイナンバー制度に賛成したり

国民にしわ寄せをかぶせること、国民の懐を狙う行為に 協力的です。

シロアリにはシロアリなりに 「ぬすっとの論理」があるのでしょう。

まさに 「人間としての良心を失った悪逆非道の徒」ですね。





さて



1997年から大蔵省が考え始めた預金封鎖ですが、当時はマイナンバー以外にも様々な支障があります。



?法律の不備

終戦後の預金封鎖

1946.2.17

・勅令(大日本帝国憲法8条)

・金融緊急措置令(1963.7.22 廃止)

・日本銀行券預入令(1954.4.10 廃止)

あれ? 1997年時点で法律は全部廃止されてないよね?



?日本国憲法では財産税の形にすると国会を通すのが必須になるので秘匿性が保てず法案審議中に取り付け騒ぎが起こる



?預金封鎖実行時に預金が引き出せなくなったら企業の経済活動が止まる

?日本人と外国人の資産を事前に分けないと無差別預金封鎖では国際的な批判を浴びる



ところが?〜?をすべて1997年以降解決させました。

?? →預金保険法と銀行法の改正(2001年)

金融機関の生殺与奪の権限をそれまで金融再生委員会や国会が主語だったのを 内閣総理大臣に移すように改正し秘匿性が可能に、しかも「必要な措置を講ずる」と条文に入れることで「財産税」ではなく「預金切り捨て、正確には金融機関が持っている債権(国債)と債務(預金)をBSで相殺する」ことも可能になる。



? →新型決済性預金の創設(2002年)

Yomiuri Weeklyで過去に「 ペイオフ対応新型決済性預金は預金封鎖の布石」と暴露され記事になっています



? もちろんマイナンバーです。正確に言うと2004年に 勤労所得を除いたすべての金融資産を納税者番号制で把握する案を打ち出しています。

2004年の冒頭に当時の小泉首相が「年内に納税者番号制を実現させる」と言ったことがあります。その納税者番号制とは以下のようなものです。



個人の年収を国が掌握することが目的じゃないです。↑で触れたとおり過去に政府税制調査会が提言している納税者番号制は 勤労所得などの捕捉ではなく 金融資産性所得限定のものです。 ちなみに 勤労所得や金融資産性所得などすべての所得を合算して課税するのを「総合課税」と言いますが、これについては大蔵省時代から現在に至るまで財務省は徹底的に反対して潰しています。そして2004年年初には小泉首相が「年内に金融資産性所得限定した納税者番号制を実現させる」と発言して その後の国会で民主党岡田克也の「勤労所得を納税者番号制に組み入れる必要はないのか?」との質問に小泉首相は「ない」と断言する答弁をしています。



このことからしても 「番号制」が正確な所得の捕捉を目的にしていないことは明らであり、金融資産を狙い撃ちにいた番号制ですね。



?については小泉首相が「年内に納税者番号制を実現させる」と言いながら法案成立に失敗しました。もし成功していたら 2004年に成立していたことになる。







つまり

1946年に預金封鎖をした直後に日本国憲法に代わり、 50年以上預金封鎖が法律でできない状況にあったものを(しかも順次当時の法律を全滅させた)

1997年に預金封鎖の準備を始めてから たった7年間で 預金封鎖を整備を整えようとしていたわけですよ。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

転職を決めるまでは、誰にもなにも言わず、水面下で活動することをおすすめします。職務経歴書(Word)と履歴書(Excel)を作りそれをリクナビNEXTの登録情報に登録していきます。
応募して、相手が会いたいと言ってきたら、面接の日取りを決めます。データで職務経歴書と履歴書を送付します。面接当日は、履歴書に証明写真を貼って持参します。働く条件があっていれば、積極的に面接を受け、最終的に希望通りの会社に転職できました。

さあ、次はあなたの番です!


ほかにも、楽天市場でも役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

転職に詳しい管理人からの補足コメント




◆マイナンバーで預金・財産を把握しようとするので、盗まれれば筒抜けでしょう。



脱税が困難になる反面、ご指摘のように運用を間違えれば、個人の収入・資産情報のSecurity無くなるでしょう。



ジックリ監視する必要がありますね。

リクナビNEXTを運営している株式会社リクルートは、他にもさまざまな求人サイトを運営しています。そのため、転職サイトの中でも転職成功実績がNo.1を誇る「リクルートエージェント」に同時登録でき、2つのルートで同時に転職活動ができるという大きなメリットがあります。

リクルートエージェントは累計約30万人の転職を実現し、求人情報は9万件近くもある転職サイトです。より良い求人を見つけるためにも、両方のサービスを活用すると良いでしょう。

こちらのサイトも参考にしてください。

>>リクナビNEXT
>>リクルートエージェント/a>
>>転職ならDODA(デューダ)
>>マイナビエージェント
>>楽天市場


正社員として就職可能な人と不可能な人の違いと言うと…。


「非公開求人」と呼ばれるものは、採用主である企業が選択した1つの沖縄県 名護市の転職エージェントだけで紹介されるとは限らず、他の沖縄県 名護市の転職エージェントにおいても同じ内容で紹介されることがあるのです。「何とか自分の持つ力を発揮できる会社に勤めたい」、「責任の重い仕事をやりたい」など、理由は千差万別でも正社員になることを狙っている方に、正社員になるための重要ポイントを伝授します。正社員として就職可能な人と不可能な人の違いと言うと、当然のことそつのない仕事をするかどうかということもあるはずですが、正社員になるという強い意志があるかどうかの違いが大きいと思います。沖縄県 名護市のリクナビNEXTなどの転職サイトを先に比較・選定してから登録するようにすれば、何でもかんでもスムーズに進展するのではなく、沖縄県 名護市のリクナビNEXTなどの転職サイトに登録完了した後に、信頼できる担当者を見つけることが鍵です。「就職活動を始めたけど、やりたいと思える仕事が全然見つけ出せない。」と嘆く人も多いとのことです。こうした人は、どういった職があるかすら把握できていない事が大半だと言って間違いありません。

▼限定求人85%なのはリクナビNEXTだけ▼
リクナビNEXT
>>【無料】今すぐ登録はコチラ





最近私は転職を考えています。今の会社に特に不満はないのですが、自分の実力を試したいと思っていて、実力主義の保険業界への転職を考えています。

沖縄県名護市にも優良な会社が多数あります。
有限会社宇根自動車名護店もそんな素敵な会社のなかのひとつです。
名護市周辺には、他にも優良企業がたくさんあるのでどこかでご縁があるといいですね^_^

有限会社宇根自動車名護店の会社概要

企業名 有限会社宇根自動車名護店
住所 〒905-0011
沖縄県名護市宮里4丁目15−44
住所読み ひらがな:おきなわけん なごし みやさと4ちょうめ15−44
カタカナ:オキナワケン ナゴシ ミヤサト4チョウメ15−44
ローマ字表記:OKINAWAKEN NAGOSI MIYASATO4TIYOUME15−44
電話 0980-43-9608
エリア 沖縄県 > 名護市
地図
名護市でよく検索される転職キーワード 沖縄県名護市 リクナビnext ソフトバンク 転職 合否 転職サイト 不動産

名護市の非公開求人を探す

>>名護市の求人が豊富なのはリクナビNEXT(登録無料)

▼限定求人85%なのはリクナビNEXTだけ▼
リクナビNEXT
>>【無料】今すぐ登録はコチラ



リクナビネクストで保険会社に転職 > 沖縄県の会社 > 名護市の転職 > 高卒男性の名護市周辺の求人なら、リクルートの転職サイトが非公開求人も多数でオススメ【保険業界編】|マイナンバー制度で預金情報が盗まれるという人がいます これは当然の…|沖縄県内の実力会社>>有限会社宇根自動車名護店


当サイトの有限会社宇根自動車名護店の情報は2017.9月現在のiタウンページのデータを基に作成しています。本文と有限会社宇根自動車名護店は一切関係はありません。有限会社宇根自動車名護店が求人を出しているわけでありませんのでご注意ください。

四大卒女性の名護市の他業種への転職は、転職サイト『リクナビNEXT』が登録無料でおすすめです。【保険業編】/マイナンバー制度で預金情報が盗まれるという人がいます これは当然.../沖縄県の優良会社→株式会社大宮保険事務所
既卒女性の名護市周辺で就職は、リクナビネクストにとりあえず登録が正解。【保険代理店編】/家族について 私は今21の女です。長文ですみません。 両親は私が小さ.../沖縄県内の素敵な会社紹介:第一生命保険株式会社那覇支社名護営業オフィス

関連記事一覧

国立大学卒女性の中頭郡周辺のブランク有りからの転職は、リクナビネクストで希望が叶う!【保険業界編】/下記の求人に対しての皆さまの評価をお願いいたします。 14期連続売…/沖縄県内の素敵な会社紹介>>新田保険事務所

沖縄県中頭郡で転職するなら >>中頭郡の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 沖縄県中頭郡出身の方で...

30代男性の糸満市での就職活動なら、リクルートの転職サイトで適職を探そう【保険代理店編】|失業保険の手続き中の人が職業相談を受ける場合 就業できるように色々…|沖縄県内の実力会社:大同火災海上保険株式会社糸満支社

沖縄県糸満市で転職するなら >>糸満市の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 沖縄県糸満市出身の方で...

中年男性の那覇市周辺で求職なら、リクナビNEXTがおすすめです!【保険業編】|厚生年金について 現在、扶養範囲でパートをしているのですが、現在の…|沖縄県の優良企業案内→住友生命保険相互会社/沖縄支社

沖縄県那覇市で転職するなら >>那覇市の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 沖縄県那覇市出身の方で...

中高年男性の那覇市周辺で就職活動なら、リクルートの転職サイトで適職を探そう【保険代理店編】|再雇用後、六十五歳で辞めるはずだったけど、会社側から、延長して欲…|沖縄県内の実力会社:損保ジャパン日本興亜保険サービス株式会社沖縄支店

沖縄県那覇市で転職するなら >>那覇市の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 沖縄県那覇市出身の方で...

高卒女性の浦添市での転職は、転職サイト『リクナビNEXT』で希望が叶う!【保険業界編】/扶養・国民健康保険等について質問です。 現在専業主婦で夫の扶養に入…/沖縄県の優良会社>>あらしろ保険事務所

沖縄県浦添市で転職するなら >>浦添市の未公開求人が豊富なリクナビNEXT【登録無料】 ▼リクナビNEXT関連動画▼ 沖縄県浦添市出身の方で...